アマチャヅル(ウリ科)

[生えている場所] 山や原野のやぶの中および周辺

 茎は低木やたけの高い草にツルで巻きついてのびる。
近所のおじさんが体にいいといって、たくさん採ってきて乾燥したものを2〜3cmにきざんでお茶がわりに呑んでいた。
何にきくとか、その効果は聞いたことがないが、6〜8月に葉を摘んで日干しにすると甘味があり、胃弱、喘息、胃潰瘍などに薬効があ。最近は、健康茶や趣味で愛好する人もおおい。



 花は小さく2mmほどで、葉の付根にまとまってつくが、黄緑色で目立たない。秋に黒い実をつけるが、苦くて癖があり美味しくない。