カワラタケ(サルノコシカケ科)

[発生場所] ダケカンバやシラカバなどの倒木、枯木
[発生時期] 一年生、9月〜10月

 シラカバやダケカンバなどの切株や倒木、伐採跡地の土場などに放置された切端に群生する。傘は薄くて厚さ1〜2mmくらい、半円形から扇形で、鞭質のじょうぶな繊維でできていて裂けにくい。
表面は灰色、褐色、類黒色などの環紋があり、短毛を密生してビロード状。屋根の瓦のように重なって生えるのでカワラタケという。



 古くから薬効があることが知られていて、漢方では雲芝とよばれ珍重されている。また制がん作用が認められ、薬品としても利用されている。
群生するので、傘の裏が白くて綺麗なものをたくさん採ってきて、さっと水洗いして乾燥したものを細かく刻んで、お茶または煎じて飲用にする。

 特に癖はなく、サルノコシカケやカバアナタケなどと同じように、健康茶として常用してもいい。