ムラサキシメジ

 晩秋の雑木林に、落葉の中から顔をだしたムラサキシメジは、落葉のモザイクの中にとけこんで、うっかりすると踏みつけてしまう。
肉厚でキノコの風味がしっかりしていて、歯ざわりのいいキノコなので、名菌にふさわしい料理に仕上げたいものだ。癖がないので、どんな料理にも合うが、キノコの味をいかした、酢の物を作ってみた。

酢の物【レモン風味イクラ添え】【キュウリの酢の物


 採りたてのムラサキシメジを適当な大きさに割いて、たっぷりのお湯に塩を少し入れて、沸騰したら冷水にさらす。
スライスしたタマネギと、薄くきったニンジンをさっと茹でて冷水にさらし、水切りしてから塩でもんで下ごしらえをする。
野菜から、汁がでるようになったら、さっと水で流してキノコを混ぜてレモン汁と砂糖であえて塩、コショウで味を調える。1時間ほどねかせて、味がなじんだら器にいれて、イクラを添える。
焼いた鮭の身をほぐして混ぜても美味しい。

 キュウリや大根などの酢の物にムラサキシメジを入れても美味しい逸品ができる。