コシアブラ、アブラホウ(コシアブラ ウコギ科)

[生えている場所] 平地から山地までの林

 高さ10〜15m、太さが40〜50mになる落葉樹で、葉は掌状に5つの小葉に分かれる。数は少ないが、伐採跡地などの日当たりが良い場所に幼木が生えるので、このような場所で芽を摘むことができる
タラノキやセンノキと同じようなところに自生し、芽が出るのもほとんど同時期で、時に3種類の木の芽をいっしょに楽しむことができる。



[食べられる部分] 新芽

[味のポイント] 生で食べても癖がなく、わずかに甘味があって美味しい。

[調理の仕方]
 さっと茹でて冷水に晒し、酢味噌やゴマあえにする。また天ぷらや汁の実にしても美味しく食べることができる。

[天ぷら] 茎が細いので、丸ごと天ぷらにする。

[ゴマ味噌あえ]
 茹でて適当な大きさに刻んだものを、白ゴマをすっって味噌、砂糖、酒、胡麻油をあわせて和える。