ナワシロイチゴ(バラ科)

[生えている場所] 海岸や平地、丘陵地の草地

 高さ20〜30cmの落葉低木で、分枝しとげが多い。
小葉は3枚、重複する粗鋸歯縁、側小葉はやや小形で広倒卵形、頂小葉は菱状円から広倒卵形で、長さ幅とも3〜5cmで、先は尖らない。
花序は枝先に数花つけ、蜜に軟毛がある。がくもややとげがあり、裂片には白短毛を密生する。



 実は粒状の液果が集まって構成され、それぞれ中に小さい種が一個づつ入っている。
海岸などの丘陵に群生するので、ジャムや果実酒にする。
酸味が少ないので、たっぷり砂糖をいれた果実酒にし、シロップとして利用するといい。生で食べても美味しいが種が堅い。