クロイチゴ(バラ科)

[生えている場所] 山地の林内

 高さ1〜2mの落葉低木で幹は下から枝分かれし、茎は蔓状にのびる。
葉は3〜5枚の小葉で構成され、頂小葉は側葉より大きい。小葉の先は尖っていて鋸歯があり、裏は毛があり白色をおびる。脈には小刺がある。
花序は枝先に、多数の花がまとまって球状につく。



 実は粒状の液果が集まって構成され、それぞれ中に小さい種が一個づつ入っている。はじめは赤色で熟すと黒くなり甘味をますが、苦味があって中の種子は硬い。
生食のほか、ジャムや果実酒、シロップにして利用することができる。

 赤い実の木イチゴは裾から平地に多いが、クロイチゴは深山の谷沿いなどに多く、クマの好物と言われていて、確かにそんな雰囲気のところに群生している。