「春の山菜」オオアマドコロ(オオアマドコロ ユリ科)

参考資料

 根の下方から芽を出し、毎年一個づつこぶのような節をふやしていく。

 互生する葉の付け根ごとに、1〜4個の可愛いツボミがあって、茎を包むような葉に守られている。(茎の上部にはツボミがない)

 茎がのびて葉が開くと、花柄がのびて下垂し、帯緑色の花を咲かせる。


 秋には、ヤマブドウのような暗紫色の実をつける。