ノニンジン、ヤマニンジン(シャク セリ科)

[生えている場所] 山地の林内や湿ったところ

 セリより早く芽がでて群生し、簡単に採取できるので利用する人が増えている。筋がかたくなりやすいので、指先で摘めるものを採らないと美味しく食べることができない。セリやパセリににた味で調理も簡単である。
フクジュソウ(有毒)の花が咲かない若い株や、花後の葉に似ているから注意が必要。



[食べられる部分]
 若い葉や茎、芽が出て5〜10cmくらいの葉が開ききらないものが、柔らかくて美味しい。すこし塔がたっても蕾がある芯の部分は柔らかいので利用できる。

[味のポイント] セリとニンジンの味を同時に味わう。

[調理の仕方]
 癖がないので、おひたしや汁の実、セリやミツバのように利用できる。

[汁の実] 葉や葉柄を刻んで、お椀にいれ熱いみそ汁を入れる。

[天ぷら] 葉や芯の天ぷらは、香りよく甘味があって最高のご馳走になる。