ミツバ(セリ科)

[生えている場所] 山地の沢や、林内の湿地など

 沢沿いの日陰のものは、草丈が40cm〜50cmにのびても柔らかく、太いものは7〜8mmになる。
葉が掌ほどの大きさになるものもあり、大きさは栽培して売っているミツバの何倍もあるが、個体としては同種のものだ。
根もとを一節のこしておくと、そこから芽をだして枯れてしまわない。



[食べられる部分] 若い葉、茎

[味のポイント] 香りとほろ苦さ、歯ざわり

[調理の仕方]
 採ったものを沢水で洗い、ぬれたまま持ち帰ると数時間しおれてこない。大きくて堅そうに見えても、すぐ柔らかくなるので、茎にシャキっとした感じがのこるようにし、さっと茹でる。
鍋から出してすぐ冷水にさらしよく冷やして、おひたしやあえものにする。

[ミツバ入り卵かけご飯]
 2〜3cmにきざんだミツバを、醤油をいれたときたまごに混ぜてご飯にかける。