キバナノアマナ(ユリ科)

[生えている場所] 低地の明るい林の下からやや湿潤な草地

 15〜20cmになる多年草で、4〜5月に一枚の葉、一本の花茎をだして黄色い花を数個つける。葉は粉を吹いたような緑白色で、全体に甘味があるが、根もとにはやや渋味がある。
芽が出て直ぐのものより、花が咲くころの方が甘味が強くて美味しい。
また上部の方が甘味が強く、摘んで生のものを食べてもほとんど癖がない。



[食べられる部分] 若い葉

[味のポイント] さっぱりした甘さ、歯ざわり

[調理の仕方]
 おひたしや和え物にしても、美味しく食べることができるが、葉を2〜3枚摘んできて、汁の実にぱっとはなして、早春の香りを楽しみたい。

[汁の実]
 葉を細かくきざんで、みそ汁の火をとめから入れると、綺麗な緑色になって見た目にも食欲をそそる。生で食べても美味しいので、お椀に入れてから熱い味噌汁をそそいでもいい。