アサツキ(エゾネギ ユリ科)

[生えている場所] 海岸や山地の草原(写真は植栽)

 高さ30〜50cmになる多年草。
狭卵形の鱗茎があり淡褐色ときに暗紫色をしている。葉は茎より短く細い円筒形で、一つの鱗茎から2〜3本でる。
香りがよく、15〜20cmにのびたものを、おひたし、刻んで汁の実や麺類の薬味として、ネギと同じように利用できる。表面にざらつきがでてくると、繊維が堅くなって美味しくない。



 株が密集しないように数本づつ植えると、鱗茎が1cmくらいの大きさになる。花が咲くまえに採って表面の皮をむくと、中に小さいタマネギに似た鱗茎がある。

[食べられる部分] 若くて柔らかい葉、鱗茎

[味のポイント]
 香りと歯ざわり。
新鮮なものは香りが良く、生かあまり火を加えない料理がいい。

[調理の仕方]
 水であらって、汁の実や薬味にする。鱗茎は辛味が強く、生で味噌をつけて食べる。

[目玉焼きのアサツキ蒸し]
 目玉焼きに、新鮮なアサツキをのせて、余熱で蒸すと香りがうつって美味しい目玉焼きができる。