ヤマドリゼンマイ(ゼンマイ科)

[生えている場所]
 林内や谷地、沢沿いの湿ったところ

 葉は太い根茎から束生し、長さが1mくらいにのびて大きな株になり、群生することがある。
若い栄養葉は薄茶色ないし白い綿毛に覆われ、葉がのびるにつれて剥がれ落ちる。

 同じ根茎から胞子葉もでるが、栄養葉より少し早くでて綿毛が付いてないので見分けられる。

 15〜20cmものを摘んで食用とするが、少しのびても上部の指先で折れるものは食べられる。根元より葉のほうが苦味がつよいので、綿毛を取るときにいっしょに葉も取ってしまう。

[食べられる部分] 若い栄養葉(胞子葉は食べない)

[味のポイント]
 苦味を生かし、ほろ苦い野趣を楽しむ。乾燥保存すると苦味がなくなってしまうので、取立てのものがいい。

[調理の仕方]
 綿毛をとったヤマドリゼンマイに木灰を降りかけて、ひたひたに熱湯を注ぎ灰汁抜きをする。
余熱で充分柔らかくなるので、数時間後、味見をして好みの苦さになったら冷水に晒し、あえもの、おひたし、煮付けなどにして食べる。

[おひたし]
 水に晒して苦味が少なくなったものを、適当な大きさに刻んでおひたしにする。削りかつおを振りかけると美味しい。
細かく刻んで、ご飯に混ぜて菜飯風にしても、美味しく食べることができる。