コンロンソウ(アブラナ科)

[生えている場所] 低地の林内や林のふち、山地の川沿いなど

 長さが40〜70cmなる多年草で、全体に短毛がある。
茎は真直ぐに伸びるが、上部で枝分かれし、葉は互生し小葉5〜7枚の羽状複葉、縁にあらい鋸歯がある。初夏に枝先に白い花が集まって咲く。ニリンソウといっしょに群生していることがあり、ニリンソウを摘むときに踏みつけられるが、利用されることは少ない。



[食べられる部分]
 若芽から花の咲くころまで、上部の手で摘める柔らかいもの。

[味のポイント]
 ワサビのような風味と、茎のセリのような食感がいい。

[調理の仕方]
 生のものを噛むとワサビのような青臭さと辛味があり、天ぷらや刻んで汁の実にする。茹でると苦味がでるので、水にさらして灰汁抜きをし、おひたしや和え物にしても美味しく食べることができる。