ボウナ、ボンナ、ドウナ、ホナコ(ヨブスマソウ キク科) 春の山菜

[生えている場所] 山地の森林、原野

 2mにもなる茎に、三角形の大きい葉が特徴的な多年草で、沢沿いの肥よくな場所に群生する。独特の苦味があるが、おひたしやゴマあえ、天ぷら、漬物などにしても美味しい。
茎が堅くなっても花が咲くまでは、上部の葉は柔らかい。



[食べられる部分] 若い茎や葉

[味のポイント]
 苦味を生かして、炒め物などにいれると、他の素材のうまみが引き立ち、いままでと少し違った味付けを楽しむことができる。

[調理の仕方]
 苦味があるといっても、あく抜きをするほどでもなく、そのまま好みの料理に使う。

[チャーハン]
 柔らかい茎や葉を細かく刻んで、他の野菜などと油でいためてチャーハンの具にする。油と相性がよく、全体に甘味がまして美味しい逸品ができる。

[おにぎり]
 茎の上の方の、大きい葉を洗って、おおめの塩で漬け込んで保存する。塩を流して、おにぎりを包む。