ミゾソバ(タデ科)

[生えている場所] 低地から山地の水辺や湿地

 長さ1m〜2mのツル性の1年草で、株を形成し群生する。
葉柄や花柄の上部に細毛と小型の逆刺がある。
名前の由来はかわからないが、これで尻を拭かれた子供がかわいそうだ。
名前に反して小さな可愛い花をつける。道ばたで摘んで、そのまま食べても優しい甘酸っぱさを味わうことができる。



[食べられる部分] 若い葉、つぼみや花を水洗いして利用する。

[味のポイント]
 わずかに酸味と甘味があり、サラダや酢の物など、生食する料理に利用する。綺麗ないろあいを楽しめる料理にしあげる。

[調理の仕方] くせがないのでそのまま好みの料理に使う。

[サラダ]
 柔らかい葉や花を細かく刻んで、他の野菜などといっしょにサラダにする。つぼみや花は、できあがったサラダの上にトッピングしても、可愛いいろあいをいっしょに楽しむことができる。

[ちらし寿司]
 つぼみや花をかるく塩もみして、すし飯に混ぜ込んだり、具のうえにトッピングする。