ガガイモ(ガガイモ科)

[生えている場所] 丘陵や山地の草原、林のふち

 蔓性で茎は長く5m以上になることもある。多年草で長い根をのばして増え群生する。芽を出すのが遅く、草が数十センチにのびたころに、他の草にからみついて上にのびてくる。
花は鐘形をしていて毛があり、径が1cmほどある。
茎や葉柄をおると白い乳液がでて、噛むと甘味がありほとんど癖がない。
蔓先の若い葉や芯を摘んで利用する。



[食べられる部分]
 若い葉、のびた蔓先。蔓先の柔かい部分は手で簡単におれる。

[味のポイント] 甘味があり、天ぷらやおひたしが美味しい。

[調理の仕方] 水洗いしそのまま利用する。

[天ぷら]
 若い葉や蔓先を天ぷらにすると、甘味があって他の山菜では味わえない美味しさがある。