ユリワサビ(アブラナ科)

[生えている場所] 山地の渓流沿いの湿ったところ

 高さ10〜30cmの多年草で、茎は斜上する。
根茎は細くのびて、数個のやや太い茎をもつ。茎はワサピににているが、細くて短い。
春の山菜として知られるが、花が終わって結実し葉や茎が枯れると、根茎から新しい芽をだし、秋には食べられる大きさになる。
この新しい茎が冬をこして、翌春に茎をのばし花をつける。



[食べられる部分] 茎や若い葉、葉柄

[味のポイント] ワサビのような香りと辛味。

[調理の仕方]
 さっと茹でるとワサビのような香りと辛味があり、おひたしや汁の実、菜飯などにする。生のものを刻んでサラダ、塩をして一夜漬けにすると美味しい。
茎をすりおろして薬味にすると、ワサビのような辛味がある。

[おひたし]
 さっと湯にとおして刻み、密閉容器にいれておくと辛味がます。カツブシなどを振りかけ醤油で食べると美味しい。